眺めの良い部屋
mauiview.exblog.jp

マウイ島で子育てしながら感じることを気ままに書いています。
カテゴリ
最新のコメント
懐かしい想い出のお写真な..
by nonkonogoro at 09:32
nonさん、 コメ..
by aroomwithaview at 06:24
以前何度かコメントさせて..
by nonkonogoro at 17:44
鍵コメさま お久し..
by aroomwithaview at 21:06
猿夫さん もう既に..
by aroomwithaview at 14:08
もう既に2月ですが・・ ..
by gauche3 at 00:29
ナさん あけまして..
by aroomwithaview at 18:37
三姉妹!揃っての家族写真..
by ナ at 18:17
猿夫さん メッセー..
by aroomwithaview at 14:25
鍵コメさま おひさ..
by aroomwithaview at 14:16
エキサイト外リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Perfect Storm
すさまじい勢いで過ぎていった数ヶ月だった
やっと下の娘が回復してきた

道端ぽてと(去年の暮れに拾った子猫)との出会いから
皮膚病をもらい
イベント続きで十分な処置をしない間に
掻き毟った傷口からバイ菌が入りあっというまに湿疹が全身に広がった
まさにPerfect Storm…
下半身がイボ蛙で上半身が赤白チーターの様な肌になってしまった
数人のドクターに前代未聞の皮膚病だと言われる始末
そんな時に限って頼んでもいないモデルの依頼があり
あんなに可愛がっていたぽてととはお別れになり
踏んだり蹴ったり

診断結果は動物・ハウスダストの重度のアレルギー
けれど初期はステロイドにも抗生物質にも反応なしだったので
ドクターも治療法に迷う有様だった
夫と私も日夜リサーチを続け
義父母や彼らの友達もリサーチをしてくれた
それでも結局何もわからなかった・・・というのが実感

大量のステロイド&薬の副作用なのか
予後は想像以上に大変
体中から浸出液が溢れ出していた
副作用で体はパンパンにふくれ
洋服を着ることが出来なかった数週間

カーペットをはがしてウッドフロアーにかえた
がんばりすぎて足腰を痛めた私
寝具も替え
大掃除の毎日

人一倍丈夫な下の娘の弱々しい姿をみるのは初めてだった
上の娘に手がかかる分
下の娘には安心していた
そんな思い込みを一挙に覆す出来事だった
まるで上の娘が入り込む隙間がないくらいに
私と下の娘の距離感が縮まる数週間だった
しっかりしているとは言っても
まだ13歳
さみしい想いをさせていたのかもしれない
母親としてたくさんの気づきをも得る出来事だった

まだ・・・完治しているわけではないので
前向きにがんばります!!!

d0023642_3392179.jpg



数ヶ月の出来事を振り返り
ひとつ気づいたことは

もっと自分を信じていいということ

他の人の意見に振りまわされていたのは否めない

自分の娘が苦しんでいるとき
それを助けたくない親はいない

ただ・・・外からの様々な声に反応し過ぎてしまい
本来の直感を否定してしまった

振れやすい時ほどに
中心へ戻ろう
by aroomwithaview | 2015-04-25 02:53 | 子育て | Comments(2)
Commented by nonkonogoro at 2015-05-07 08:41
以前もコメントさせて頂いたnonですが
もしかしたら「きさら」と言う名前だったかも~

私の知人が やはり同じようなアレルギー症状を示して大変だったことを思い出しました。
家の床下に 「いたち」が住み着いていたそうで
ある日家の隙間から 親子が侵入して やりたい放題したそうです。彼女は50代前半ですが 色々なものに対するアレルギーがひどくて お化粧もしていないのです。病院を変え 薬を替え 数ヵ月後には落ち着いて、今ではすっかり治っています。
田舎ではなくて 神戸市の住宅街の一軒家なのです。
でも うちでも夜になると フクロウの鳴き声が聞こえるようになったり~と 野生動物も人間界に近寄ってきているのでしょうね。

Commented by aroomwithaview at 2015-05-11 17:18
nonさん

コメントありがとうございます。
nonさんの知人の方は、すっかり治られたんですね。
そんな話を聞くと嬉しいです。
娘の医者には白斑は1年はかかると言われています。
その間、日焼けはできないので、マウイ島に住んでいてビーチに行けない娘を思うと・・・気分がふさぎます。
って・・・私が落ち込んでも何も良いことはないので、ひたすら、出来ることに専念するのみなのですが・・・
大変なことになってしまったのですが、娘にとって、死にそうな子猫を拾って育てた時間は宝物で、跡に残った皮膚病と比べられるものではないみたいです。

神戸の住宅街でフクロウの鳴き声が聞こえたりするんですか?生態系の変化から?