眺めの良い部屋
mauiview.exblog.jp

マウイ島で子育てしながら感じることを気ままに書いています。
ちいさいモモちゃん
松谷みよ子さんの“ちいさいモモちゃん”シリーズが好きな娘たち。
実は、私も子供の頃好きだった。
あの頃は気づかなかったけれど、今娘たちと一緒に読んでいると驚くことがある。
“ママのところへ死神がきたこと”なんてスリル一杯で、子供たちは手をギュウッと握って目を見開いて真剣に聞いている。パパの体はなく靴だけが毎晩のように帰ってくる。それを磨くだけのママ。冷え冷えとした夫婦関係に涙するママをあっさり描写して、仕舞いには死神の夢をみるママ。

“森のおばあさん”では、植木鉢に息苦しそうに植えられている2本の木の話。植木鉢から出すと1本は元気を取り戻す。もう1本のほうは、元気になるだけでなく歩き出す。しかも、可愛らしい“やどり木”をつけている。前者がママの木で、後者がパパの木。読みながら、ちょっと苦笑してしまう。子供はこれをどう理解するのだろう?と。

アメリカに住んでいると、日本ではあまり遭遇しなかった家庭環境を目の当たりにする。娘のクラスメートの多くは、パパが2人いたり、それ以上だったり、7歳にしておばちゃん、おじちゃんになってしまったり、(前妻との間の子供が成人して子供を生んだとか)、娘と一緒に妊娠していたりとか、とにかくバラエティーに富んでいる。そして、その事実を隠すこともしない。旦那さんが奥さんより20以上年上なんてたくさんいる。パパが育児全般を担当している家庭も多い。

ももちゃんを読みながら驚く自分と、平然として聞いている娘たちに2度驚いてしまう。古い自分と新しい娘たちの狭間で苦笑して、古い両親と新しい自分の違いに微笑んでしまう。
by aroomwithaview | 2005-08-16 09:00 | 絵本 | Comments(4)
Commented by goro_teto at 2005-08-18 00:28
こんばんは、かつをです^^
考えさせられますね。絵本も、とりまく環境も。古いというよりは、‘日本的’と 呼ぶのが正解かも^^ 島国ニッポン、単一民族!出来るだけみんなと同じに、出る杭は打たれる・・なんてコト多いですしね。アグレッシブ過ぎても疲れますが、個性を消すことに比べれば、なんの!娘さん達には、これからも ぶっとい個性の根っこを育んでって欲しいですー☆
Commented by cinnamon-didier at 2005-08-18 11:51
ちいさいモモちゃんってそんな話だったんですね!!かわいらしい童話だと思ってました。びっくりです。
読んでみたいなあ。昔、ちょこっとだけ読んだことあります。絵が可愛くて好きで。

↑aroomwithaviewさんの、お子さんへの愛情たっぷりさかげんが微笑ましくて、ココロが温まりましたよ(*^^*)
Commented by aroomwithaview at 2005-08-18 15:47
かつをさん
確かに日本的なんですね。こんなこと大きな声では言えないけれど、アメリカ人女性ってつよ~~~いんですよぉ。育児も仕事もなんでも男女平等の比重が日本より高いですね。やどり木なんていそうもないし。皆、元気にすくすく育つ木です。けど、子供はどうなんの???って感じもします。
Commented by aroomwithaview at 2005-08-18 15:53
cinnamonさん
いやいや、可愛らしい話もたくさんあるんですよ。モモちゃん。けど、松谷みよこさんの話って、可愛いだけじゃぁないんですよね。

↑馬鹿っぷり・・・ですね。ぷりぷりしていて食べたくなっちゃうんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード